南海の真珠

島津日新斎の母、常盤夫人は新納家出身の娘でした。常盤夫人は女性の身でありながら論語等の書物に通じ、南海の真珠と褒めそやされるほどの美貌を持った人物です。その常盤夫人の夫になったのが伊作島津家の善久でした。善久は婿として新納家に入り、夫婦は仲睦まじく過ごしていましたが、その日々は突如終わりを迎えます。

日向の国にあった城をめぐって両家は対立を激しくし、遂に実の父親とは戦えないと判断した善久は「伊作へ返るか、切腹を許して欲しい」と常盤の父・新納是久に申し出ます。それに対して是久は余計なトラブルを避けるため、善久の伊作への帰郷を許しました。

本来ここで常盤と善久は離縁して終わりだっただろう話ですが、常盤は善久との離縁を頑なに拒否。説得を試みようとする父是久に「夫婦は共にあるものです」と言い放ち、善久と共に伊作島津家へと行ってしまいます。娘の正論に父は何も返せなかったのでしょう。その後、常盤は伊作の地で待望の男児を産みます。これが後の島津日新斎ですね。この時が、南海の真珠夫人、常盤の幸福の絶頂だったのかもしれません。

ですがその二年後、夫の善久は配下の逆恨みで殺されてしまいます。そして追い討ちをかけるように義父の島津久逸も同族の島津忠興に攻められ、討死してしまいます。常盤は幼い子供を抱えたまま、嫁入り先で頼る人もいなくなってしまいます。

九州

南九州では

さて今回から再び九州動乱へ。北九州で大友家が中国地方の毛利家介入でドンパチしている時、南九州では島津家が台頭していきます。元々島津家は守護職といって、南九州を治める役割を担っていた名家でもあります。

ですがこの台頭していった島津家は本家ではなく、元々は分家の立場にすぎなかった家なのです。

戦国時代では各地で動乱があった事はもう周知の事実ですが、もちろんこの南九州でも激しい動乱が起こっていました。小さな家同士が争い、戦っていたんですね。各地で小勢力が台頭していったものですから、争いに巻き込まれて島津家も一度は衰退の道をたどります。ですがここで現れたのが島津忠良こと、島津日新斎その人です。彼の力により、島津家は元の力を取り戻していくのです。もちろんこうやって跡継ぎが決まっていくとやはり起こるのが跡目争いなのですが、合戦やら外交戦やら色々な戦いを経て島津家は日の本に名高い名家へと登っていくのです。

しかしこの島津日新斎(出家名)、分家の立場の人間だった彼がどうやって本家を相続するに至ったのか。そこには色々な大人の事情と、思惑が入り乱れています。次回はこの件について少し触れていきましょう。ではお楽しみに!

 

九州

憂いを絶てぬまま終わる・・・

さて門司合戦で毛利家に大敗北をし、心に大きな傷を負って出家して大友宗麟に改名した大友宗麟(ややこしい)。

真っ向から戦っては老獪な毛利元就には分が悪いと踏んだのか、ここからは単なる戦ではなく外交戦で毛利と渡り合います。将軍家にワイロ献金をしながら毛利家の北九州での非道な振る舞いを訴えつつ、同じくアンチ毛利家の筆頭頭さんであった中国地方の尼子家と組んで毛利家を挟み討ちで迎撃します。将軍家が介入して三家は和平調停を開始しますがこれが双方の意見希望入り乱れでなかなかうまくいかない。

しかし大友家と尼子家による挟撃策に流石に毛利家も疲弊し出します。その上、毛利家では嫡男である毛利隆元の死去という不幸が・・・嫡男の突然の死に毛利家は大慌て。毛利元就もめっきり弱り切ってしまい、戦どころではない状況。これにより毛利家は一気に力を失い、衰退してしまいます。その後、毛利家は北九州のせい領地を大友家に返還して和睦が成立しました。ただし、九州攻めの前線基地である門司城は保持したままで・・・。

北九州勢力は活発したままですが、大友家の辛い勝利で幕を閉じました。

因みにこの持ち逃げされてしまった門司城により再び毛利は九州にきます。さて、次回はこの頃の毛利家に何があったのかを少し説明していきましょうか。

九州

激突!毛利VS大友!

1559年。北九州勢力の独立支援を大義名分に抱えた毛利家と、北九州の統治を狙う大友家の戦いが開幕します。毛利家は先手必勝とばかりに最前線・関門海峡に築かれた城である門司城を占拠。毛利元就との密約により毛利家は九州には攻めてこないだろうと思っていた大友宗麟は完全に出鼻をくじかれてしまいました。

元就「約束は破るためにあんねん」

正に毛利元就。しかし大友宗麟も負けてばかりではありません。大軍を率いて自ら軍を指揮し、門司城奪還へと向かいます。ですが潰事情で待ってたのは毛利の勇将達を率いる毛利家三本の矢の一矢、小早川隆景。皿に毛利家自慢の村上水軍の攻勢により敗退。門司城の奪還は失敗に終わり、大友軍は退却に追い込まれます。

その上追いうちをかけるように小早川隆景は水軍を率いて大友家の退却路に先回りして襲撃!この戦いで大友軍は思わぬ大被害を受ける羽目になりました。この戦いは「門司合戦」と呼ばれています。

敗北が酷く応えたのか、はたまた何かあったのかこの戦いの後、宗麟は出家します。この時から大友義鎮から名を変えて、有名である大友宗麟へと改名するんですね。この時彼の部下である超有名武将である戸次鑑連も、立花道雪と名を改めています。

勿論大友宗麟という名は僧名ですので、キリシタン大名としてだと宗教チャンポンになるのでキリシタン大名大友ドン不龍獅子虎(フランシスコ)と呼ぶ方が正しいんですよね。戦国豆知識。因みに当て字ではなく正式に不龍獅子虎です。すごいなまえ。

九州

北九州の統治

さて、大友家と毛利家による北九州の覇権争いが開始しました。

大友宗麟は筑前や豊後といった北九州を支配下に治めていくよう朝廷や幕府にも働きかけていきます。その上で、「九州探題」という官職も手に入れていっています。ですが北九州を治めていくにはまだまだ問題は山積みです。

北九州は元々、鎌倉時代に起こった元寇で総大将と言える活躍をした少弐家が大きな権力を持っていました。しかし前にも説明しました通り、少弐家は戦国時代の初期に大内家によって敗退。今度は大内家が支配する状態になっていました。そして次はその大内家が崩壊。大友家や中国の毛利家が進出してきた訳です。こうして書くと戦乱の宝庫ですね、北九州・・・。

まぁこんなコロコロ支配者が変わっていてはその土地の人々も苦労していたのでしょう。さらなる争いに巻き込まれたくなかったのか、独立を望んでいたりして大友家の支配を拒む者も多かったようです。大友家の統治はなかなか進みません。

その上、少弐家の配下勢力にあった秋月家は毛利家と好を通じて北九州で独立を果たそうとしました。これを大友家は打倒するも、秋月家の後継者・秋月種実は毛利家に逃れ、秋月家独立の援助を申し出ます。ここに再び、北九州での毛利家と大友家の戦いが幕を開きます。

 

九州

北九州の覇権争いー開幕ー

北九州と中国地方の覇者であった大内家が家臣・陶晴賢の謀反により崩壊を迎えます。その後、後継ぎに担ぎあげられたのは大友宗麟の実弟であり養子に行っていた大内義長。ですが謀反人の担ぎあげた後継者が簡単に認められる訳がありません。

ここで出てきたのが後世で中国地方有名大名となる毛利元就です。主君の仇打ちを名目にの為に打倒陶と挙兵!陶方もこれを迎え撃たんと出撃。毛利方も家をかけての戦いでしたが、毛利のお家芸の一つ・智謀策謀を駆使してこれに勝利しました。陶晴賢も大内もここに完全に滅んだのです。さてここで問題が一つ。宗麟の実弟・大内義長です。当然ながら彼は兄である宗麟に救援を求めます。しかしその裏には既にこんな話が進んでいたのだった・・・!

元就「弟さんどーするー?やっちゃっていいいかなー?」

宗麟「いーよー。でも弟の持ってる瓢箪茶入はずっと欲しかったからちょうだーい」

こうして大内義長も自刃。瓢箪茶入は宗麟の元へ。だが毛利と大友には更なる秘密の約束があったのです。それは大内家の本土にある領地は毛利家のもの、九州領は大友のものという大内家の領地の山分けです。瓢箪茶入と共に、この密約で宗麟は弟への援軍を出さなかったのです・・・ですがこちらはあっさりと毛利に破られました。

元就「約束は破るためにある」

宗麟「ちょおま」

こうして北九州の覇権をめぐっての、大友家と毛利家の戦いが開幕したのでした。

 

九州

大友家の崩壊

さて、大友宗麟は二階崩れの変によってその後を継ぎました。ここで彼と大友家の運命は大きく動き始めます。(尚、ここではまだ大友宗麟ではないのですが一般的な知名度を優先して「大友宗麟」表記にしていきます。)

翌年に起こった、北九州と中国地方を氏はしていた大内家の崩壊です。

大内家は平安時代の古くより中国地方西部を支配してきた名家であり、莫大な経済力と強大な軍事力を持った大大名でした。あの毛利家も大内家の支配下にあったのです。そして戦国時代の初めには北九州の支配者であった少弐家を打ち破り、北九州から中国地方までをその支配下に置いていたのです。その大内家が、突如崩壊しました。

この時の主は大内義隆でした。ですが彼はやや京かぶれであり、趣味に没頭して家内を統治しきれていなかった様子。そして家臣同士のいざこざや何やかやにより、大内家に対して謀反を起こしたのが陶晴賢。彼が謀反を起こした理由は色々とあるようなのですが、それは割愛します。

追い詰められた義隆は自刃して、ここで大内家は崩壊を迎えます。そしてこの後、晴賢により担ぎあげられた当主が「大内義長」。実はこの人物、宗麟の実の弟なのです。

こうして北九州と中国地方、大友家と毛利家のゴタゴタ争いが始まります。

九州

二階崩れの変

さて、豊後の王とも呼ばれたキリシタン大名でも他の面でも色々と有名な大友宗麟のお話をしていきましょう。大友宗麟は大友家の長男であり、父親からその後を受け継ぎましたが平和的に後を継いだ訳ではありません。

父・大友義鑑は宗麟の弟で、大友家の三男を一番可愛がっていました。そして三男に跡を継がせる事を強行しようとしますがもちろん家臣達は大反対。此処に主君と家臣達の争いが始まります。義鑑は反対する家臣達を皆殺しにしようと企みますが、逆に家臣達がこれを察知。反対に切り捨てられた所に駆けつけた宗麟に、父は「お前が大友家を継ぐように」と言い残して絶命してしまいます。これが大友家の「二階崩れの変」と呼ばれています。

ここだけ見るとドラマチックなお話のようですが・・・この二階崩れの変に巻き込まれ、宗麟が最も嫌っていた父親の側室とその息子、幼い異母妹達もみな、儚く命を散らす結果になっています。全て家臣が宗麟の為にやった事であり、宗麟自身にも完璧なアリバイがありますが・・・この話、寧ろどこか「計算通り・・・」という呟きが聞こえてくるのは私だけでしょうか?まぁ戦国時代、跡を継ぐのにも血生臭くなるのはご愛嬌と言う事で。

ここから暫く、この大友家を追いながら歴史を見ていきましょう。では次回で。

 

九州

主だった九州勢力

九州の主だった勢力はいくつかあります。

大友家、秋月家、少弐家、有馬家、阿蘇家、相良家、伊東家、肝付家、島津家・・・

今上げた上の家にもさらに細分化されていくのでこのように上げていくと切りがないですね。世界規模でみると小さな日本の一部、九州でもこんな風に様々な家があり、人があり、歴史があり、そう考えていくと世界と、日本というものの大きさも感じます。

でもとりあえず別に歴史のお勉強をしている訳ではないので、ゆったりと行きましょう。「これらの名前をちょっと頭の片隅に覚えておくと今後面白いよ」という程度です。さりげなくポイントを述べますと、大友家、島津家、伊東家、あと此処には出ていませんが龍造寺と鍋島という名前を覚えておくと楽しいかもしれません。

今後まず出てくるのは大友家ですが、ここに同じく戦国時代・中国地方で覇権を握っていた毛利家が関わって来ます。毛利家については秀吉の中国大返しの際に少し名前が出て来ましたね。今後も何度も名前が出てくるであろうとっても面白い戦国武将が盛り沢山の家なのですが、ここは九州ですのでそれはまた次の機会に。

では次回はここ九州地方の覇権をかけて入り乱れる陰謀策謀渦巻く大友家に起こった事件から説明していきましょうね。お楽しみに!

九州

九州征伐の前に

さて、今回からは秀吉による九州征伐の話を始めていく予定でしたが、その前に少し寄り道をしまして戦国時代における九州の歴史をご紹介していきましょう。何せ九州は後々官兵衛がその城を築く土地であり、普通の歴史の勉強では殆ど習う所でもなく、この九州征伐しか紹介されない場所でもあります。

九州だけでなく、戦国時代では主に信長、秀吉、家康がいた場所の多くしか知られていない事が多いです。自称歴史に詳しい人でもの人が”北関東三国志”や、”九州三国志”を知らない場合が多いですね。でも日本の色々な場所で面白い逸話や、カッコいい武将達がいるんですよ。

実質、この時の九州は南から上がってきた島津家と、キリシタン大名で有名な大友家が戦っている所に秀吉が横入りした形になって始まっています。ですがそこにいたるまでに、さほど広くない九州の土地でも様々な大名達が争い、数々の逸話を残している場所なのです。ここではそこの処をもっとディープに、授業では教えてくれない九州歴史!(笑)として取り扱っていこうと思います。

出来ましたら東北や中国地方なども今後ディープな部分を紹介していきたいと思いますので、貴方の住んでいる地域の紹介が出るまでお楽しみに!

九州