うっかりネゴシエーター黒田官兵衛

さて謀反を起こした荒木村重の元に空気を読まずに単身向かった黒田官兵衛ですが、謀反を思いとどまるよう説得するも逆に捕まって幽閉されてしまいます。ネゴシエーターの意味ねぇ

そんな官兵衛が捕まってしまったという事態は多大なる方向に影響を及ぼします。

何せ官兵衛が捕まった事を知っているのは捕らえた荒木方と、捕らえられた官兵衛のみ。

その他の面から見れば「謀反を起こした荒木村重の元に向かったっきり、黒田官兵衛は帰ってこない」です。こりゃ言い訳しがたい現状。隠居して余生を過ごしていた官兵衛の父親も復帰して対応に大騒ぎ。この際に黒田家家臣の一人後藤又兵衛は伯父が荒木方についてしまい、身の置き所が無くなり、黒田家を出る羽目になるというとばっちりを受けています。

しかし最大のとばっちりを受けたのは織田に人質として送られている息子の松寿丸です。信長は官兵衛の事を聞くと激怒して、人質の松寿丸を殺すように命令をしました。黒田家としても阻止したい所ですが、今の現状からすると家事態がピンチなので申し開きも出来ない状態。当の官兵衛は裏切ってはいないものの監禁中。これはどうしようもならない。

さてこの松寿丸ですが、彼が後に黒田長政となるにはこんな所で死んでいる筈がありません。彼が如何にしてこの危機を潜り抜けたかは、次回紹介しましょう。