光夫人との婚姻

さて、官兵衛と正室光夫人との結婚です。光夫人は幸円という名で親しまれてますが、光(てる)の方の表記で行きましょう。

光は官兵衛最初の主君、小寺政職の姪に当たりましたが、養女となって官兵衛に嫁ぎます。昔から結婚というのは同盟や人質の意味合いが強く、政治的な面の方が色合い濃く出ている物でした。官兵衛も有力者の娘として光と結婚します。

余談ですが織田信長は身内愛が強い人間だったのか、妹達を政治の駒として使用せず、信頼できる部下と結婚させたみたいですね。例外:お市の方

 

さて光に話を戻します。光は体格は官兵衛より大きかったようですが、才色兼備の素晴らしい女性として黒田家でも褒め称えられています。名武将の陰にはいつでも良妻あり、がつきものです。政略結婚ではあったものの官兵衛も光以外の妻は持たず、仲睦まじい夫婦だったのでしょう。

永禄10年(1567年)、官兵衛は光と祝言を挙げました。官兵衛22歳、光15歳。

この日官兵衛の父、黒田職隆が謝辞の言葉を述べた後、隠居をほのめかす言葉を加えました。周囲は息子の結婚で感極まってつい口にしたのだろうと思っていましたが、職隆は44歳の若さで早々に隠居。家督を官兵衛に譲ってその後は息子を後ろからバックアップしていきます。よき父とよき妻に支えられ、官兵衛の飛躍が始まっていきます。

その後うっかりにより多大な迷惑を被るとか言っちゃいけない