各地での乱戦

さて、四国の各地で激しい戦いが繰り広げられました。四国統一の夢を抱いてここまでやってきた長宗我部元親もまた家臣を率いて戦いますが、やはり強大な軍相手に戦うのは厳しいものがあります。

まず黒田官兵衛が讃岐の喜岡城、藤尾城を落として、長宗我部親武の守る植田城へ向かいます。がここで官兵衛は攻撃には移らず、羽柴秀長、秀次らが攻撃を開始していた阿波の木津城へと向かって本体と合流しました。木津城で防戦していた東条関兵衛は敵の新手の出現に驚き、城から退却しました。因みに植田城は長宗我部軍が用意していた罠が仕掛けられた城だったようで、官兵衛はこれを見抜いて本体と合流したと言われています。流石は官兵衛、希代の天才軍師ですね。

その後、秀長は長宗我部軍・谷忠澄の守る一宮城を落とし、長宗我部新吉の岩倉城を井楼からの砲撃により見事陥落させます。その頃伊予では毛利三万と伊予金子勢の二千が戦っていましたが、この兵力の違いは覆せませんでした。金子元宅は戦死し、元宅の弟、金子元春の守る金子城もたちまち小早川隆景によって落とされました。

次々と城を落とされていき、長宗我部元親はこの後に秀吉に降伏を申し出る事になります。四国の勇は結局信長の評した通り、鳥無き島の蝙蝠で終わるという悔しい終わり方を見せたのでした。