四国の勇と、四国のその後

さて結局秀吉に膝を屈する形になってしまった長宗我部元親ですが、彼はなんとか土佐の領地だけは安堵される事になりました。その後、阿波は重臣蜂須賀正勝の子である蜂須賀家政に、讃岐の国は仙石秀久らに、伊予の国は小早川隆景に与えられる事になりました。この時、長宗我部元親は何を思った事でしょう。

折角長年苦労して四国統一を頑張ってきたというのに、途中で織田信長の横入りを受け肝を冷やす結果になり(ちゃんと挨拶したのに何でかやっぱり攻め込まれそうになった解せない)、さてそれが本能寺で宙に浮いた形になってホッとしていたら今度はその部下である秀吉がもっと壮大な部下を引き連れ攻め込んできた・・・文字にすると分かりやすい長宗我部元親の苦労歴。

そんな長宗我部元親ですが、破れてしまった物は仕方ない、不確かな未来を生き抜くぞ!とばかりに秀吉にクジラを献上しています。こいつぁなかなかダイナミックな貢物ですね!

さて四国を手に入れた秀吉、次に向かうは戦乱うごめく九州の地です。九州も九州でこの時荒れ放題の凄い事になってましたが、そこに乱入するははげねずみだのサルだの言われていたとある家の一武将。さて秀吉の九州征伐は上手くいくのでしょうか?