四国へ渡る軍団

さて前回から続いて四国征伐ですが、この四国征伐には秀吉は同行していません。この時秀吉は病気であったためとも、越中にいた佐々成政の動きが不穏だったためとも言われています。

この時の総大将は秀吉の弟である羽柴秀長、そして共に甥の羽柴秀次が淡路国経由で阿波へ侵入。この時軍師として黒田官兵衛も久々に登場しています。

秀長の率いる隊は三万、秀次も三万と大軍勢を率いています。この時備前で若くして跡目を継いだ宇喜多秀家もまた二万三千という軍勢を率いて讃岐へ渡っています。

そして小早川隆景もまた毛利勢三万を率いて伊予の国へ渡っています。羽柴軍の総勢はなんと十一万以上の大軍を率いている事になります。これに対し、長宗我部元親は領内の各拠点を固め、自身は阿波にある白地城に入って本拠地より出来るだけ遠い場所で秀吉の軍を防ぎきろうとしたのですが、その数は四万。数だけ見ると凄いのですが、奈何せん秀吉の軍の十一万が多すぎる。やはりこの膨大な数の差により、劣勢は否めない状況下での戦が始まりました。何でも一説によると馬の大きさからして違い、果てには兵士の具足まで色々格差がついていたようです。

さて、元親はこの軍勢差を如何にしてひっくり返すのでしょうか?