大内末子のアレに関わるお話

さて今回の話は戦国の世では珍しくも無く、幼い子供が命を落とす話ではありますが・・・それ以上に何だか身体の一部が縮みあがりそうなそうでもないようなお話ですのでご注意下され。

天文20年・1551年に、陶晴賢が謀反を起こして大内義隆が自刃しました。以前にも書いた大内家の滅亡である戦である、大寧寺の乱です。さてこの時、義隆の嫡男の義尊も捕らえられて殺されましたが、末子であった歓寿丸は幼いので女装して山中にかくまわれていた為に無事でした。そう言えば黒田官兵衛の息子・松寿丸も女装させられて竹中半兵衛の元に愛人として匿われていた、なんて話もありますが、まぁ逸話でしょう。結構体格がよさそうな松寿丸が女の子の格好させられていたというのは眉唾もののような気もします。

話を戻して歓寿丸は、翌年の春に不幸にも陶兵に見つかってしまいました。この時陶兵は歓寿丸を殺すと、男児の証拠にとアレを切り取って持ち去ったそうです。・・・・・。

・・・・その後、歓寿丸を憐れんだ里の者達は「麻羅観音」という杜を建てて歓寿丸の霊を祭り、今の時代にも残っているその杜は今では子宝祈願スポット・○○○スポットととして人々に愛されていると言います。

その扱いは本当に憐れんでいるのか、とは言わない約束です。