官兵衛とお茶

さて、官兵衛の逸話を紹介し続けるのも今回で一区切りつけましょうか。秀吉や大名が茶の湯に興じていた事は有名ですが、果たして我らが黒田官兵衛は茶の湯に関してどんな考えでいたのか。今回はそれを窺わせる逸話です。

 

秀吉は兼ねての事より茶の湯に入れ込んでいたが、官兵衛は「狭い一室に刀を持たずに数人で入るなんて無用心すぎる」 としてその事に不満を抱いていました。そんな ある日、官兵衛が秀吉から茶の湯の誘いを受けます。しぶしぶ出かけた官兵衛ですがそこでは茶の湯は出てくる事無く、次の合戦についての戦略会議だけが二人の間で行われました。

この密談の後、秀吉は「これが茶の湯の一徳だ。 お前と俺が密談をしていたら他人は疑いを持つだろう。だが茶の湯と言えばいらぬ疑いを持たせずにいられるのではないか?」と言ったそうな。 この言葉に官兵衛は感服し、以後茶の湯をたしなむようになったといいます。

官兵衛一本取られたお話。ですが同時に秀吉の抜け目ない性格もうかがわせる逸話ですね。因みに官兵衛の友人である小早川隆景は茶の湯の席が嫌いだったようですね。確かに茶の湯には大金がかかりますし、茶の湯の席にも一長一短があるという事でしょうか。

さて、次回からは再び歴史を追い始めましょう。