対決!四国の覇者

さて小牧長久手で織田信雄、徳川家康に結果的に大勝利を収めてしまった羽柴秀吉はちゃくちゃくと天下人への道のりを歩み始めます。まず向かうは西日本から南日本、中国地方を占拠していた毛利は既に組していますので、次に狙うのは四国の覇者となっていた長宗我部元親です。

長宗我部元親と言えば土佐出身の有名な戦国大名。ほぼ四国全土をその領地としていた武将です。当初は信長とも明智光秀を通してそこそこ友好的なお付き合いをしていました(そのため息子の名前が信親なのです)。これは奥さんが明智家の有力武将、斉藤利光の妹だったことによる微妙な縁戚関係を利用したものと思われています。因みに利光の娘は有名な春日の局。そしてこの春日の局の母親はかの有名な稲葉一鉄の娘です。戦国縁故事情。

さて、天下統一を目指す秀吉は重要な航路である瀬戸内の海を完全掌握したい、しかしそれには四国の勇である長宗我部元親を屈させる必要がある。そのため秀吉は四国征伐を開始します。

まず秀吉は元親に阿波、讃岐、伊予を返上するように迫りますが元親は当然ながらこれを拒否。こうして秀吉は四国征伐を遂行するに至った訳ですね。素直に返上されたらどうしていたんだろうか、なんてのは言いっこなしですよ!