栗山利安と有岡城1

さて、今回は少し名前が出てきている黒田家筆頭家老、栗山利安のお話をしましょう。

栗山利安は15の時に黒田官兵衛に仕官して以来、生涯挙げた首級は57にものぼる武将でありながら何かと問題が起こればすぐに飛んできて解決する黒田家きってのスーパー世話人で黒田武士が殿の次に慕っていたであろう人物です。(たぶんきっとそう)

彼の功績をいちいち箇条書きにしていると面白くないので、官兵衛が荒木村重により有岡城に捕らえられた時のお話。

官兵衛を捕らえた村重は単身有岡城より脱出した事は以前にも書きましたが、これに城内には厭戦気分が広がり、織田方に内通するものまで現れ始めました。その有様は酷いものでそ手引きにより城下の町屋にまで攻め込まれるほど。そのため有岡城では多くの者が防衛に追われ、官兵衛が捕らえられている牢の番人の多くもそちらに赴き、監視は極端に薄くなったのです。少し考えるとこの時官兵衛は救出されているんじゃないか?と思われますが、捕らえられて1年にもなる官兵衛が生きているとは思わず、誰も官兵衛を探そうとしなかったのです。
彼を探しもしなかった。官兵衛は、敵から処か味方からもその存在を放置されていました。酷過ぎ

だが一人いました。黒田家家臣・栗山備後利安です。

彼は官兵衛に取り立ててもらった恩を忘れず、この織田軍の攻勢の間に混乱の中にある
有岡城に密かに忍び入り官兵衛を探し始めました。そして官兵衛のいると思われる牢の傍まで近寄ったものの、織田の攻勢が治まると牢の監視は再び厳しくなり近付く事が困難になって来ました。この時利安は有岡に居た知り合いの両替商を頼り、その家に潜んでいたそうです。

昼は身を潜め、夜になるとこの両替商と共に牢の傍まで忍び混むも、り監視が多くとても近寄る事ができない。だが利安は、ある日ある事に気がついた。