清州会議・裏会議

では前回の清州会議で織田家の世継ぎは三歳の幼児に決まってしまいましたが、それも秀吉の根回しあっての事です。あの清州会議の裏で何があったのか、ご説明しましょう。

実はこの時、立場からいえば秀吉の立場というものは、勝家、長秀に比べればそう大したものではないのです。寧ろ信孝を世継ぎとして推す勝家の意見が通る事の方が本来自然なものでありました。ですがそれを覆したのが勝家同じく織田家の重鎮、長秀です。

長秀は本能寺で秀吉が誰よりも早く信長の敵を討った事を推し進め、逆に勝家が早く明智討伐の山崎の戦いに駆けつけなかった事を咎めたのです。この時勝家自身は雪に城が閉ざされて駆けつける事が遅れたという理由があったのですが、そこを突かれては勝家も反論ができなくなったのでしょう。

そしてこの長秀の意見こそ、秀吉、そして官兵衛の根回しあってこそのものだったのです。

実は長秀自身、本能寺の混乱時に早まって信長の甥である織田信澄を明智と通じていたとして殺害しています。この信澄は妻が光秀の娘だったので疑われたのですが、冤罪であり、長秀らが早まって行った事だったのでしょう。この部分をある意味脅迫の材料としてつかわれました。長秀は勝家が本能寺に遅れたことを責め、秀吉側に立つことでこの件を不問にしようとしたのでしょう。こうして実際の権力は秀吉に回っていくのですから、やるせないものでもあります。これもまた、明智光秀の起こした本能寺の余波事件とも言えるものですね。