荒木村重

これからの官兵衛の事を解説する前に、荒木村重という人物を紹介します。

荒木村重は元は池田城城主、池田勝正の家臣でした。ですが後に主君を追放し、池田家の実質を握って当時敵対していた三好三人衆と手を結びます。そして織田信長率いる織田家と対立していきます。

ですが歴史は動く、1573年、今度は三好方を見限ったのか、村重は信長に接近。今日に上洛してきた信長に謁見します。当時、信長の周囲は敵だらけでした。なのでその一方である村重率いる摂津方面を平定できるのかどうかは、重要な意味を持っていました。

村重は翌年、伊丹城城主となり城名を有岡城と改め、更に摂津の豪族達を次々と平定していきました。その上で信長に従って石山合戦などにも参加して武功を次々に上げています。信長にとっても荒木村重という人物は貴重な存在であり、頼れる家臣の一人だったのでしょう。

当時の荒木村重の石高はなんと35万石。織田家でもこれほどの所領を拝領していた武将はあまりいません。信長が村重を信頼していたのが分かりますね。しかしその後、誰も予想していなかった事態が起こります。

荒木村重謀反。

1578年、突如荒木村重は信長に謀反を起こします。この事態に信長は驚き、中々事実を信じられなかったとされています。この際に村重の長男と結婚していた明智光秀の娘は、光秀に遠慮して村重が離縁して親元に帰されています。理由分かりませんが、荒木村重も覚悟の上の事だったのでしょうか。

そこに我らが黒田官兵衛が空気を読めずに説得に向かいます。さて、どうなってしまうのか。