謎の撤退による敗戦

賤ヶ岳の地で起こった激しい乱戦。その最中に、思いもよらない事態が起こります。

今だ激しい戦いを続ける佐久間、柴田両軍をおいて前田利家・都長親子が独断で撤退を開始したのです。この撤退に関しては理由は明記されてはいません。前から仲が良かった秀吉と土壇場で争いたくなくなったという理由もあれば、この時佐久間勢が崩れていく事を見て柴田軍を見限ったなど、色々な憶測が飛び交っています。

ですが前田軍が引いた事により、利家と対峙していた軍勢が佐久間・柴田勢への攻撃に加わりました。更に利家の撤退を見て、柴田側の不破勝光・金森長近の軍勢も退却。これにより佐久間柴田の軍を撃破した秀吉の軍勢は柴田勝家本隊に殺到。多勢に無勢の状況を支えきれる訳もなく、勝家の軍勢は総崩れ。越前・北ノ庄城に向けて退却をする他無くなりました。

この件に関しては勢い付いた佐久間盛政の深入りが問題、とありましたが今ではこの盛政の勢いに乗れなかった柴田軍と、前田軍の敵前撤退がこの戦の命運を分けたとも言われています。確かにこの勢いを借りて秀吉の帰還前に全軍で羽柴軍を叩いていたら、どうなっていたのでしょうか。もしかしたらその時、織田家の天下が再び着ていたのかもしれませんね。

さて、いよいよ勝家も追いこまれ、賤ヶ岳の戦いも終わりが近づきます。