雑談・大河ドラマの事など

今回はちょっと趣向を変えまして?大河ドラマ「軍師官兵衛」の事など少し。少し前に上月城の事がありまして、最近では陣内孝則さんが演じています宇喜多直家が色々と動き始めていますね。そして荒木村重の謀反までが前回の下りですが・・・。

いやー、久々にとても面白い大河ドラマだと私は思っております!特に人間の心理描写がとてもよく、皆さん素晴らしい演技を見せて、いや魅せてくれていると思います。荒木村重の謀反の所はこのサイト内でも拙いながら触れていますが、そこに至るまでの描写がとても良いですね。あの演技は胸に来るものがあります。尼子の上月城の下りも見ていてとても切ないものがありました。

そして異彩を放つまでの(良い意味で)凄まじいインパクトをかましてくれた宇喜多直家。いやー、この人の演技はぶれませんね。私の中ではとてもいい宇喜多直家なのですが、皆さんの印象はどうなのでしょうか?各々の戦国武将のイメージは違うでしょうから、色んな意見があってしかるべきなのかもしれませんね。

さてサイトでは秀吉の九州出兵についての話になる予定でしたが、ここで世の情勢に乗って(?)少し尼子家と山中鹿之助、そして宇喜多直家について少しずつ触れていきたいと思います。次回からは彼らの面白い逸話、話についてご紹介していきますね!では。