今山の戦い

向かってくる大友家は6万にも及ぶ大軍、対して龍造寺が必死にかき集めた戦力は僅か5000あまり・・・絶体絶命の危機に龍造寺家は立たされて、今山の戦いが始まります。

ですが人間後が無い方が必死になるとはよく言ったもの。決死の覚悟で戦う龍造寺家の士気は想像以上に高く、本拠地である佐賀城は中々陥落の様子を見せません。ここで決定的な勝利を得るために、大友宗麟はさらなる増援を派遣する事で必勝の構えを見せて来ます。この大友宗麟の増援部隊を率いていた総大将は大友親貞。この人物は宗麟の弟になる人物です。親族を投入する事で宗麟は早急なる勝利を見こんだのかもしれません。まぁこれがあんな事態になるとは誰も・・・

この時、親貞が陣を敷いたのが今山。龍造寺家の本拠地である佐賀城の近くにある山です。この増援により龍造寺家は揺れます。善戦はしているものの、大友軍の有利は明らか。この時竜造寺家では降伏をするようにという意見が飛び交い始めます。

向かう敵は大軍、そこに至っての援軍、対する兵力は10分の1以下であり、こちらの援軍は望めない・・・これは降伏の意見が出ても無理はないでしょう。しかし龍造寺家の危機に駆けつけ、奮い立つ家がありました。

そう、鍋島家です。