大友家の崩壊

さて、大友宗麟は二階崩れの変によってその後を継ぎました。ここで彼と大友家の運命は大きく動き始めます。(尚、ここではまだ大友宗麟ではないのですが一般的な知名度を優先して「大友宗麟」表記にしていきます。)

翌年に起こった、北九州と中国地方を氏はしていた大内家の崩壊です。

大内家は平安時代の古くより中国地方西部を支配してきた名家であり、莫大な経済力と強大な軍事力を持った大大名でした。あの毛利家も大内家の支配下にあったのです。そして戦国時代の初めには北九州の支配者であった少弐家を打ち破り、北九州から中国地方までをその支配下に置いていたのです。その大内家が、突如崩壊しました。

この時の主は大内義隆でした。ですが彼はやや京かぶれであり、趣味に没頭して家内を統治しきれていなかった様子。そして家臣同士のいざこざや何やかやにより、大内家に対して謀反を起こしたのが陶晴賢。彼が謀反を起こした理由は色々とあるようなのですが、それは割愛します。

追い詰められた義隆は自刃して、ここで大内家は崩壊を迎えます。そしてこの後、晴賢により担ぎあげられた当主が「大内義長」。実はこの人物、宗麟の実の弟なのです。

こうして北九州と中国地方、大友家と毛利家のゴタゴタ争いが始まります。