常盤夫人、我が子の為に

夫、舅と次々に亡くなってしまった島津家で、常盤は幼い我が子の代わりに島津の名代をします。息子の日新斎、忠良は幼さゆえにまだ当主として認められていなかったのですね。常盤は幼い日新斎に日々、帝王学をたたき込んだ事でしょう。その日新斎も、幼い頃は結構な悪ガキだったようです。

そこで常盤に思いもよらない申し入れが飛び込んできます。夫・善久の従兄弟であった相州島津氏・島津運久が結婚の申し入れをしてきたのです。運久はかなり常盤に惚れこんでいたようで、常盤を妻にしたいあまりに邪魔になった自分の正室を焼き殺してしまった、という激しい逸話も残っています。常盤は亡き夫に操を通すためか、これを一度は拒絶します。

ですが常盤も少し考え直して条件を付けて運久の結婚の申し入れを受ける事にします。それは「相州島津家の跡を、息子である忠良に譲ってほしい」という事でした。運久はこれを二つ返事で受け、常盤を妻にします。そしてその後、何の蟠りもなく忠良はその跡目を継ぎました。そして相州島津家と伊作島津家の合併が此処になりました。

その後、忠良、日新斎はこれを足掛かりに島津本家を乗っ取っていく形になったのです。常盤は島津家の建国の母という訳ですね。母は強し、です。

また常盤の出身である新納家も優秀な人材が多く、合併島津家となった後も多くの優秀な武者を出しています。