有馬家の離反

騙し打ちで大恩あった蒲池家を攻め滅ぼした龍造寺隆信。この非道な振る舞いは家臣達の心を離し、龍造寺家を更なる崩壊へと進ませていく事になります。この話は瞬く間に広まっていき、豪族達の離反を生みました。

そして次なる離反者は龍造寺家に従属していた長崎・島原半島を拠点とする大名家・有馬家です。この時の当主、有馬晴信は隆信と縁戚関係にありました。実の娘すら滅ぼした隆信です、この時の隆信は親類縁者からも恐怖される存在であったのかもしれません。もしくは、親類縁者の方がその恐ろしさを熟知していたのやも・・・。

ともあれ、龍造寺家から離反した有馬家。隆信は当然ながらこれに大激怒、すぐさま兵を派遣して有馬家を滅ぼそうとします。この時、討伐を命令されたのは龍造寺政家。隆信の息子です。ですが政家は積極的に攻撃を行おうとしません。何故なら政家の妻は有馬家の娘でした。ですがそんな事は隆信には関係ない。不甲斐ない息子には任せておけないとばかりに、自ら大軍を率いて有馬家攻撃に乗り出します。

この出陣を聞いた鍋島直茂は必死に隆信を止めようとしますが、もはやその忠言も聞きいられませんでした。こうして隆信は5万にも及ぶ大軍勢を率いて出陣します。