毛利家(また)襲来!

何とか秋月家を抑え込み、大友家の重要拠点地である立花山城を奪還した大友家。今度は南から迫りくる驚異、肥前の熊こと龍造寺隆信が率いる龍造寺軍を討伐するために軍勢を率いて大友宗麟が直々に出陣します。

しかしここでまたもや奴らが現れる・・・!

そうです。大友家の(ていうか大友宗麟)のトラウマ・毛利がまたもや九州に来襲。しかも今回軍勢を率いるのは毛利元就の息子である、吉川元春と小早川隆景の両名。毛利家両川が率いる毛利家の数はなんと四万以上にもなる大軍・・・これには大友宗麟も肥前侵攻をしている場合ではないと判断したのか、大慌てで群を返して毛利家との戦いを始めます。

が、毛利家の二本の矢はやっぱり強かった・・・(一本目は残念ながら既にお亡くなりになっています)北九州に現れた毛利軍は瞬く間に各地の大友軍の城を落としていきます。そして大友家の重要拠点である立花山城も(また)落とされてしまうのです・・・。

こうして再び劣勢の窮地に立たされることになった大友軍。再び立花山城を奪還するために軍を編成します。そこにはもちろん、大友家の名将立花道雪公も参戦。ここに毛利家と大友家の立花山城をめぐっての攻防、多々良浜の戦いが始まるのです。