沖田畷のその後

有馬・島津連合軍に兵をことごとく討ち取られただけでなく、当主の龍造寺隆信まで失った龍造寺家。ですが被害は当主の隆信だけにはとどまりませんでした。

この沖田畷の戦いで龍造寺家は鍋島直茂の弟である・龍造寺康房、小河信俊をはじめとした、龍造寺家の重臣で龍造寺四天王と呼ばれた五人の武将、成松信雄を筆頭とした江里口信常、百武賢兼、円城寺信胤、木下昌直らの五人までもを討ち死によって失っています。

総大将を失って総崩れとなった龍造寺軍は本拠地の佐賀城まで撤退。島津家の新納忠元相手に善戦していた鍋島直茂も撤退を余儀なくされました。

その後、隆信の嫡子であった龍造寺政家は島津家に降伏。その後の龍造寺家は政家は当主の器に乏しいと判断され、隆信の義弟で従兄弟関係にあった鍋島直茂が国政の実権を握る事になります。但しこれは龍造寺家の相違であり、隆信の母・慶誾尼の意向でもありました。この後、ある意味雇われ大名のような扱いになった鍋島直茂の苦労の生涯が始まります。

衰退していく龍造寺家に対して、大勝利を収めた島津家はここで一気に勢力を拡大。九州で最大の大名家となり、九州制覇を目指して進む事になります。

・・・秀吉が来るまでは。