沖田畷の戦い

北九州を支配する勢力になり長らも、自身の非道な振る舞いにより相次ぐ離反者を生んでしまった肥前の熊・龍造寺隆信。娘婿の蒲池鎮並と蒲池家を滅ぼす時に自らの側に離反させた田尻鑑種も果てには離反し、息子である龍造寺政家の嫁の実家、有馬家にも離反された。怒り心頭の隆信、率いた数は五万人。大軍を持って攻め寄せる龍造寺軍に、有馬晴信は島津家に援軍を要請。北のどっかの義の人とは違って自らが忙しいにも拘らず援軍を出してくれた島津義久。その援軍率いるのは島津四兄弟の末弟・軍略の家久!その援軍3000人!

龍造寺軍5000VS島津有馬連合軍3000

ここに沖田畷の戦いが始まります。(因みに畷とは湿地帯の中に伸びた小道の意味です)

この時、島津家は多方面に展開する大友家などの勢力との戦で人員を割けず、家久も満足な数を率いてはいけませんでした。ですがこの軍の中には島津の鬼武蔵(まともな方)新納忠元や伊集院忠棟などの姿もありました。何よりこの時は海の時化が酷く、渡海が難しい事もあって大軍は送れなかったようです。何とか龍造寺軍が到着する前に城に入った島津家、迫るのは圧倒的な大軍。

この時、鍋島直茂が隆信に対して長期持久戦に持ち込んで島津の援軍が撤退するのを待ってから有馬を攻めるように進言しましたが、圧倒的な兵力を率いた隆信はこの進言を聞き入れませんでした。さあ島津家久、この兵力差をいかに覆すのでしょうか?