畷の利用策

龍造寺軍が50000に対して島津・有馬連合軍は僅か8000。戦力の不利は火を見るより明らかです。この戦で有馬晴信は島津の後詰を待つ作戦を主張します。とにかく時を稼ぎ、島津からの大軍の援軍を待とうというのです。

ですがこれに対し、島津家久が主張したのは積極的な防衛策による龍造寺軍壊滅策でした。ここで家久は戦場を島原の北方にあった沖田畷に決めました。当時の島原周辺は広大な湿地とが広がっており、前山と森岳城との間にある道も幅が大変狭かったのです。この湿地帯にあったのが沖田畷です。

島津・有馬はこの畷を封鎖するように大木戸を、森岳城には柵を築き上げて防衛の強化をして徹底的に守りを固める作戦を行いました。幸運な事に、龍造寺隆信が率いる大軍の進軍が遅かったために龍造寺軍到達前にこれらの作業を終える事が出来ました。

この時の連合軍の布陣は総大将の晴信が森岳城に本陣を敷き、海岸線には伊集院忠棟ら1000余、内陸側の大木戸には赤星らの50人、家久軍は伏兵として森岳城の背後に控え、新納忠元ら1000は前山の山裾に伏兵として潜みました。

対する龍造寺軍は山手に鍋島直茂、海側を隆信の二男と三男、そして中央の本隊を率いる隆信が布陣。森岳城を一気に抜く作戦で戦いを開始しました。