秋月家の急襲と鬼道雪

毛利軍の襲来。その情報によって大友軍にはぬぐいきれない動揺が広がり、多くの国人衆が適当な理由づけをしてまで撤退してしまった大友軍。成すすべもなく、また毛利の襲来に備えて大友宗麟は撤退を指示します。

主君の命により立花道雪公らは休松に敷いた陣を引き払って撤退を開始しました。しかしそれを黙って見過ごす秋月軍ではありません。秋月種実は以前勢力を拡大した大友軍に攻撃を受け、父親を失って家と城を捨てて落ち伸びています。 おそらくその恨みを晴らすべく行動したのでしょう。何と全兵力の12000を投入して大友家を襲撃します。

ですが大友軍を率いているのは名将立花道雪公を始めとする勇将達ばかり。すぐさま部隊を展開して四方から攻撃をしてくる秋月家に反撃を開始し始めます。ここに大友家と秋月家の激しい戦いが繰り広げられました。

秋月家は戸次四天王の一人である十時惟忠を討ち取る事に成功するも、相手は鬼道雪の異名をとる立花道雪です。突然の反撃にも冷静に陣を取り直し、逆に秋月家の軍に膨大なダメージを与える事に成功しました。これにより多数の死傷者を出してしまった秋月軍は、撤退を余儀なくされるのでした。ですが秋月種実、彼は諦めていませんでした。