迫りくる島津軍

さて、秀吉からの大友家との和睦要請を蹴っ飛ばした島津家。このままうかうかはしていられません。何故なら大友家が豊臣家(秀吉)に和睦の仲介を頼んだという事は、この頼みに乗っかった形で九州に進出してくる事でしょう。大友家の援軍要請は、秀吉に九州征伐の大義名分を与えてしまったようなものです。まぁそのままぼんやりしていたら島津家に滅ぼされただろうと予測されますので、大友宗麟の行動は今の大友家にとって最善策だったのですが・・・。

豊臣家が九州に介入してくる前に島津家は急いで北上の準備を始めます。この時島津家としては、何としてでも秀吉が来る前に大友を落として九州の覇権を秀吉の者にしないようにしたかったのかもしれません。

さて、大友家の名将・立花道雪の死をきっかけとして島津家は筑前侵攻を開始します。大友家の本拠地豊後を守る最後の壁がこの筑前にありました。

かの道雪の居城であった立花山城と、それを守る立花宗茂

その弟の高橋統増の守る宝満城

そして両名の父であり、名将の高橋紹運が籠る岩屋城です。

どの城も堅城で強敵がいますが、彼らをそのままにしておいては豊後侵攻の際の大きな障害となるでしょう。この時、義久は従兄弟の島津忠長を総大将に、まずは紹運の守る岩屋城を責め始めます。