龍造寺隆信と赤星統家

さて沖田畷の戦いですが、この戦いには元龍造寺家家臣であった赤星統家も参戦していました。でもその参戦の経緯には、中々悲惨なものがあります。

田尻攻めの際には龍造寺軍として参加したものが多かったのですが、この際に赤星統家は参戦しなかったようです。この時龍造寺家と赤星家は実質上の主従関係にあり、統家も息子を隆信の元へ人質として送っていました。それにも関らず統家は隆信の出陣命令を無視し続けました。

だが何度使者を送っても統家は出陣しない。そればかりか、出陣要請に対しても失礼な態度を取り続けるという態度。これに隆信は激怒、ならばと取った行動が

「統家殿が都合が悪くて出陣出来ぬとあれば仕方ない。代理の者でも構わないぞ。そうだ赤星家にはご息女がおられた筈。御父上の代わりに隆信公にお目通りして頂きましょうぞ」

使者が隆信の命令にそって連れて行ったのはまだ八歳になる統家の娘。これを屋敷に踏み込んで捕らえると隆信の元に連行。

しかし統家、隆信に従うどころか今度は島津側と好を通じ始めました。これに怒り狂った隆信は赤星領の前まで二人を連れていき、息子と娘を磔にして殺してしまいました。人質を取るのは戦国の世の倣いですが、殺害された人質はそう多くはありません。

これもまた一つ、隆信を肥前の熊と言わせた話でしょう。