「要らぬ事をするな!」

さてもう一つ吉田郡山城の戦いでのひとこまです。

1540年、安芸国での吉田郡山城の戦いの時。9月4日の尼子晴久が着陣した夜、毛利元就は家臣たちとの物語の中で、

「敵兵の首を一時も早く実検したいものだなぁ」

と言いました。これを聞いた家臣の児玉與八郎

『なんと容易いことであるか。明日討ち取り、お目にかけよう』

と考え、破れた笠を付けて網を持ち夜中に城を出て、敵陣の前に多治比川と言う小川がに一人でいって魚を獲っていた。そうしているうちに敵よりこの川に小用をしに出て来た者たちがいて、各々用を済ませて陣屋に帰っていったが2名ほど残って未だ小用をしています。

それを見た與八郎、今だ!と蓑の下から脇差を抜いて一刀で首を討ち落とし、その首を掴んで逃げ出しました。敵陣はこれを見て大勢が追いかけてきたが、與八郎はその頃若さの盛りであった事もあってか難なく城に駆け込み「御感に預かるべし!」と言って元就に首を献上しました。

しかし元就はこの報告を聞くと、

「大敵を引き受けての籠城というこんな時に、若気とは言いながらなんと要らぬことをするのだ!」

と、大激怒し、與八郎は逆に勘気を蒙ったとのことです。

児玉興八郎、良かれと思ってやったら怒られたという話ですが、首実験したいなあってそういうことじゃないと思うんだよなぁ(苦笑)