おさいの方・前

さて今回は大内義隆の側室であり、世継ぎを産んだおさいの方の話をしましょう。因みに前回の大宮伊治はおさいの方の父親です。

おさいの方は義隆の正室に仕えている身分でしたが、大層美しい娘であったためいつしか義隆に思われる身になったといいます。以前にも説明した、大内義隆の浮気相手へのラブレター事件での浮気相手はこのおさいの方だったと言われています。

こうして義隆の側室となったおさいの方は義隆の寵愛を一身に受けて嫡男・義尊を産みました。一方、結婚して二十年近くなる正室には義隆との子供がおらず、既に夫婦仲も最悪の状態になっていたので、正室の方もいい加減我慢の限界が来たのかとうとう離婚して実家のある京都へ帰ってしまいました。男とも女とも浮気し放題ですからね・・・無理もないかと思われます。寧ろ相当我慢した方じゃ・・・

さて大内義隆の正室はいなくなりました。ここで調子に乗ってしまったのか、おさいの方は自らが正室と言わんばかりの振る舞いを見せます。正室の方が住んでいた豪華な御殿に移り住んで、父親・大宮伊治同じく贅沢三昧でこの世の春を楽しでいたと言われています。ちょっと立場が上がると調子に乗る所親子だなこの二人・・・