亀井さんのおおいで

さて外国に夢を見た男亀井玆矩。彼が行ったのはそのやり過ぎた感のある外交だけではありません。

時は戦国の世、鳥取平野は千代川の氾濫が度々あり農業用水の確保が難しく、その土地の多くが田畑に適さない荒地であったので鳥取の住民の多くが貧しかったのです。これを深く憂いていたのが、時の因幡鹿野城主、亀井茲矩です。

さて玆矩は関ヶ原で東軍についたことにより、三万八千石に加増されました。これにより玆矩は長年の懸案を一挙に解決させようと動き始めます。それこそが用水路の造成による、新田開発です。

茲矩は馬で現地を視察し、ついてきた役人にこう言いました。

「我が馬の足跡に沿って水路を作るように」

こうして慶長5年からなんと7年もの歳月をかけ、延長16kmにも及ぶ「大井手用水路」が完成しました。この用水路には水量を調節する多くの「樋」が造られ、樋守が置かれた。そして水田の大きさによって支流の水路の幅や深さを決める事で、効率の良い分水が可能となったのです。水路の完成により、それまでの荒地に新田、新畑が次々と開墾され、千代川の西側では、
当時だけで1200haもの新たな田畑が作られました。

この水路に助けられた地元の人々はこの水路を『亀井さんのおおいで』と呼び、亀井茲矩への感謝を今の世までも忘れないようにしていると言います。

外国に夢を見た男、彼は地元を豊かにする事にも力を尽くした人物だったのです。