五龍局

さて前回名前が出てきた元就の娘で、宍戸隆家に嫁いだ五龍局(ごりゅうのつぼね)について少しばかり触れていきたいと思います。

さてこの五龍局、毛利元就と正室・妙玖夫人との間に生まれた娘です・生年ははっきりとしてはいませんが、毛利隆元の妹で吉川元春の姉、特に弟の元春とはよく激しい喧嘩をしていたという、かなり気の強い女性であったと言います。実はこれは元就夫婦にはもう一人娘がいましたが、これは人質先で殺されてしまいました。最初の子を失った二人は次の娘を溺愛して育てたので、このように勝気でややキツイ性格の女性になってしまったようです。特に元春だけでなくその妻との仲も険悪で、元就の子供たちにあてた手紙の中でもそのことを窘められるほどだったとか・・・・・。

因みに正式な名前はこれも伝わっておらず、五龍局は通称です。嫁いだ宍戸家の城が五龍城であったことから、五龍姫、もしくは五龍局と呼ばれていたようです。たいへん猛々しい呼び名だと思いますが、もしかしたら彼女の性格をよく表していた名前だったのかも?

夫、隆家との夫婦仲については分かってはいませんが、嫁いだ後から隆家は毛利家によく尽くしているところを見ると、悪くはなかったのでは?と思います。もしかしたら気の強い妻をうまくいなしていたのかもしれませんね。