元就の手紙

吉川夫妻の子供への手紙を紹介したところで、父親の元就から息子たちへ宛てた手紙もご紹介しましょう。

元就の三本の矢の逸話の元ともなった、有名な「三子教訓状」の続きです。

元就は手紙は読んだら返してね派だったようですが、嫡男・隆元はこれを大事なお守りとして持っていて、大事な部分を抜き出して書いたりしていました。しかし父親から「お手紙返してよ!」と再三言われたのか詫び状と一緒に返却しました。それに対する元就の手紙がこちらです。

「去年お届けした書状を、ただいま頂戴しました。本当に私の意見をこのように真剣に考えて頂いて、大切にしていただいた事はこう言うのもなんですが、これほど嬉しい事はありません。あの書状はもう一度お届けしますので、どうかそちらに置いて下さい。あの書状に書いたように、事につけいつも、妙玖の事ばかり考えています。一人になってしまって、内外の事全て、自分一人でしなければならない状態です。隆元、元春、隆景のことは勿論、宍戸に嫁いだ娘にも、色々進言したいことが多いのですが、もう私もくたびれ果ててしまって根気も続かず、こんな時に妙玖がいてくれたらと思うばかりです。本当に語り合える相手も無く、自分の胸に語りかけているような有様です。内は母親が治め、外は父親が治めると言いますが、本当にそのとおりだと思います。余計なことばかり書いてしまいましたが、口で語れるようなことではないのでつい筆に任せて書き連ねてしまいました。大したことではありませんので、暇な時にでも読んでください。あ、それと

この書状は恥ずかしいので、読んだらなるべく早く返却してください。

亡き奥さんとの思い出を息子に語り、手紙の最後にさらに手紙を返してねと念を押すお父さん・元就のお話でした。

しかし長い