和議の酒樽

さて色々あって(盛大な端折り)大友家と龍造寺家の和議が成立しました。その際に大友家立花道雪公より龍造寺家に贈られた酒樽にまつわる逸話を今回はご紹介します。

大友家と龍造寺家の和議が成立した時、龍造寺家当主龍造寺隆信のもとに大友家の名将・立花道雪より祝いの贈り物が届きました。この時使者は道雪からの太刀、馬、そして酒樽を祝いの品として隆信に差し出しました。これに隆信は大喜びして、酒樽から杯に酒を酌んで飲もうとしました。これを見た家臣は大慌て。

「失礼ながらその酒樽は危険にござりまする!もしや毒が盛られておるやもしれませぬぞ!」

この家臣の言葉に隆信は笑って

「立花道雪は近年まれにみる名将である。その者から贈られた酒にどうして毒など仕込まれていようか」

と言って立て続けに三杯もの酒を飲み干しました。そして

「道雪公より贈られた酒はまことに美酒であった。道雪殿にもぜひ、肥前の酒を飲んで頂きたい」

と使者に今度は自ら用意した酒樽を持たせ、丁重に送り返しました。この使者が帰ってきて報告を受けた道雪もまた笑って、

「豪勇なる大将である。誠に敵として難儀なものだ」

と周囲が止めるのも構わずに此方も酒を器に三杯飲みほしました。

九州大友家、龍造寺家における和平の場の、豪快な逸話です。