大内義長と大内家の顛末・後

この杉重輔の行動に怒ったのが陶長房の叔父にあたる長門守護代の内藤隆世です。内部対立にうろたえる大内義長の仲介もどこ吹く風で両者はついに山口の町を舞台に市街戦に突入!激戦の末ようやく内藤が勝利を収めた頃には、栄華を極めた大内文化の中心地は焼け野原となってしまいました。盛者必衰とは言え、あんまりです

毛利への恭順姿勢を示していた杉重輔の死は、毛利元就の防長侵略にさらなる口実を与えてしまう結果に終わり、大内家中はますます動揺します。内藤氏においても毛利隆元の妻を姉に持つ内藤隆春が早々と大内を見限り、隆世ら大内派との分裂が発生してしまいます。
ついに長門の西端にまで追い詰められた内藤隆世は大内義長の助命を条件に切腹しましたが、義長の実兄である大友宗麟は大内氏秘蔵の茶器ばかりを所望して弟の命にまるっきり興味を示さなかったので(弟の命より土地と治める権利です)元就は約束をあっさり反故。約束は破る為にあるんだよ!

西国の名門・大内氏はこんなグダグダな顛末で滅亡に追い込まれたのでした。

その後、宗麟と元就の秘密の約束はあっさり元就に反故にされ、大友家と毛利家の争いになったのは皆さんご存知の通りです。

約束は破る為にあるんだよ!