大内義隆と村上水軍・前

中国地方と言えば有名なのが村上水軍。大内義輿の時代にも村上水軍の話が出て来ます。

それは永正9年、1512年頃の事の事だそうな。

讃岐の寒川氏は大内義興の命により兵卒を揃え引田の浦にて五艘の軍船を整えました。そこに同じく讃岐の香西氏、安富氏の軍船が集合し、計二〇艘となって引田の浦を出航、備後の鞆に到着すると伊予の能島に報告、能島、因島の村上氏と合流すると、瀬戸内を拔け南洋、中国南部方面へと進んでいきます。中々の大船団ですね。

さて、このような船団が組まれたことにはこんな理由があります。この少し前に、能島村上氏より大内義興に提言がありました。

「南洋にある離島があります。これを得れば和漢の交易路を保持するのに、長く日本の利益となるでしょう。」

寒川家の記録にはその島の名は書かれていないものの、どのような島かは記載があります。

島の主は元々明国は浦東(今の上海?)の領主であり、明から大船を招き日本と中国との中間交易の地として大いに栄え、住民達は互いに親しむこと親友以上であり、その島はまるで一国の首都のような賑わいだ、とのこと。

島に行った日本人の中には自らの国が乱世であり一夜の安眠すら困難なのに比べ、この島には争いもなく皆安楽に暮らしていることに感激し、帰国を嫌がるものも多かったといいます。戦国の世と言えど、平和に暮らしたいという思いは皆あったのでしょうね。