大寧寺の変の後

さて大寧寺の変というクーデターの後、大内家の実権は首謀者であった陶晴賢が握っていく事になります。ここに実質的に戦国時代で、大内家は滅びました。

さて晴賢はまず、九州の大友家から新しい当主を迎えます。彼こそが大友宗麟の実弟にして大内義隆の姉の子(つまり大内義隆にとって甥)、大友晴英です。この時、当時まだ陶隆房だった彼は、大友晴英から一時賜って、晴賢を名乗っていきます。この改名は形式的なものと言われていますが、これは今までの大内義隆を主としていた大内家との決別と、新しい体制の大内家を率いていくという意味を込めてのものだったでしょう。

因みに大友晴英は後に大内義長と名前を改めます。そう、彼こそが大内家最後の当主、大内義長です。

さて名を改めた晴賢は大内家の文治体制を見直して、一気に武断政治へと転換を図りました。晴賢は再び大内家を盛り立てようとしていたのかもしれません。しかし既に、大内家は終わっていたのです。事実がどうあれ、対外的には大内義隆という人物は名君として通っていました。その義隆を討ち、大内家を我がものとした陶晴賢は大逆人として名が知れ渡っていき、遂に各地で豪族達が陶晴賢への不満を爆発させていったのです。