宗像氏と呪いの怨念10

道雪の宗像貞氏討伐命令ですが、これは流石の道雪であっても怒りに任せての行動と言わざるを得ません。重臣である由布雪下・小野和泉らもこれには異を唱えています。

まず氏貞自身はこの計画に加担した訳ではなく、最後まで反対して止めようとしていた事。そしてこの当時の大友家にとって宗像氏貞という人物は、数少ない新大友派でした。下手に攻撃をして大友家から離反されては、と懸念して道雪に進言していますが結局道雪は宗像氏貞討伐を開始。二人はこの時、命令違反をしてでもと戦に出なかったと言われています。

さて、この戦で一番被害を被ったのは道雪の側室となっていた貞氏の妹・お色の方。彼女は兄と道雪の抗争に心を痛め、病死したとも、自害したとも言われています。大友家と宗像家の友好の為に嫁いだというのに、この最期はやるせない気持ちになります。

悲劇の女性・お色の方。彼女の命日は天正十二年三月二十四日。

この日は宗像氏貞、お色の方の母親が、先妻である山田の局とその娘を惨殺した日の翌日であるといいます。これもまた縁なのか、それとももっと別の何かだったのでしょうか。

またこの哀れなお色の方はその後道雪の養子に入った立花宗茂により、手厚く葬られています。