宗像氏と恨みの怨念3

さて父・氏佐の亡き後は甥の興氏が跡を継ぎました。伯父が辱めを受けて自害したというのに元凶である政資には逆らう事も出来ず、苦汁の日々を過ごしていた事でしょう。しかし運命の日はやって来ます。少弐家が有智山城へ出陣するという報を聞きつけました。恨みを晴らすならばここだと判断した興氏はこの動きを山口の大内氏に知らせます。

大内氏は筑前にいた杉興政へ出陣の指示を出し、周防からも増援を派遣します。

攻撃を受けた少弐隊を率いるのは政資の息子少弐資元。しかしこの杉勢の攻撃はあの肥前の熊の、龍造寺隆信の祖父・家兼らの活躍によって撃破されます。その後、資元は奇襲を成功させ、少弐家は勝ちの勢いに乗ったまま杉軍を追撃を開始。

態勢を立て直したかのように見えた少弐軍でしたが、その後一隊により頑強な抵抗を受け、態勢を立て直した杉の軍に反撃を受けて破れてしまいます。この時少弐家へ必死の抵抗を見せ、態勢を立て直すために奮戦した隊こそ、家宝を奪い当主を自害させるまで追い込んだ少弐家への恨みに燃える、宗像の軍だったのです。

その後、少弐政資は肥前に戻るも豪族達の離反が相次ぎ、自害します。ここで少弐家は一旦滅びるも、生き残った資元は御家を再興。しかしその息子の冬向の代、政資の孫の代で少弐家は断絶する事になってしまいます。氏佐の怨念の成した事だったのかは分かりません。

ですが、その後の宗像氏の怨念騒ぎはまだ続くのです。しかも、自らの家に…