実在した三年寝太郎

大内義隆と共に大寧寺の変で討ち死した冷泉隆豊、実はこの彼の縁者にあの有名な人物のモデルがいるのです。

さて時代は遥か前の1537年、武田信玄は初陣で平賀成頼を討ち取りその名を上げました。この時打ち取られた成頼の嫡子に、平賀清恒という人物がいます。彼は家を再興することができず、姉の嫁ぎ先であった冷泉隆豊を頼り周防に落ち延びて 大内氏に仕えたといわれています。

その後、大寧寺の変で主君が死ぬと長門の厚狭に落ち延び帰農しました。 3年もの熟考した末に鉱山にわらじを運び、鉱夫のわらじと交換することで わらじから砂金を集め莫大な資金を手にしたとされます。次に彼はこの資金を開拓に使うことにしました。

開拓により彼は厚狭川を堰き止め、千町ヶ原に水路をひき、灌漑をおこなうことで貧しい一帯を美田へと変えました。このような偉業をなした彼を村人は讃え、祠を建てて寝太郎権現と呼んだと言われます。

そう、あの有名な三年寝太郎のモデルになった人物なのです。

その記録が残っていないために三年間寝て過ごしたとされたり、当時発見されていない筈の佐渡金山で稼いだなど言われているので信憑性は低いようですが、寝太郎堰は確かに実在しています。

さてその後、彼は弟の白石国長とともに伊達氏に仕官したとも言われていますが詳細は定かではありません。しかしこう見るとお家再興にこそ失敗したものの、中々アグレッシブな人生を生き抜いた人物なのではないでしょうか。