小早川家の相続

さて小早川家へ養子に出された隆景ですが、その時に毛利家から出されてある手紙がありますので今回はその内容をご紹介しましょう。

「このたび御家(沼田小早川家)又鶴丸(繁平)殿より竹原隆景へご相続ができましたのは全て皆さま方のご好意によるものです。我々はこのことを感謝し尽くしても尽くせませんそこでこのご好意についてはこの元就・隆元親子は言うに及ばず、例え御家が没落したとしても忘れず、長きにおいて粗末な扱いをすることは決して致しません。もしこのことに嘘偽りがあれば、梵天帝釈・四天王・総ての日本国中六十余州の大小の神々、中でも厳島両大明神・八幡大菩薩・天満大自在天の各ご神罰を受けることを誓います。

天文二十年 九月 二十八日

隆元 御判

元就 御判

乃美弾正忠殿

これは小早川家相続について毛利元就・隆元が前主君のアフターケアを小早川家家臣の乃美景興に誓約した起請文ですが、内容を読んでいるだけで毛利家の真摯な態度が伝わってきますね。決して毛利家が上から目線で隆景を養子に出したわけでないことがわかります。こんな態度だったからこそ、隆景も養子先で無碍に使われることもなかったのでしょうか。

しかしこれにより小早川家中をまとめて傘下に入れることに成功した毛利家はさらなる飛躍を遂げることになります。