廻城攻防線における少し悲しいお話3

さて、島津家と肝付・伊東家の戦いの最中島津家次男である忠将が討死。家中のみならず父、日新斎の嘆き悲しみは計り知れなかった。しかしその悲しみが大きすぎたのか、ここで余計な不幸を産んでしまう。

「なぜ早急に忠将を助けに行かなかったのか!」

廻城合戦には総大将であった貴久を始め、尚久やの息子の義久など島津家の主な武将達は皆参戦していたのに、忠将を亡くした悲しみと苛立ちを全て尚久にぶつけてしまう。日新斎の言い分は尚久の敵前逃亡とのことだったが、尚久の救援が遅れたのにもちゃんとした理由と言い分があった。尚久の城の南方にあった忠将の陣とは間に深い谷があり、そのせいで進軍が遅れてしまったのである。決して怖気づいたのでもなければ、進軍しなかった訳でもない。

しかし兄を失った悲しみと、父親に敵前逃亡したと罵られた事に心に大きな傷を負ったのか、尚久はこの事を深く気に病み、翌年に病にかかり32歳という若さで急死してしまう。尚久の家臣も主の急死に涙し、殉死者まで出た。ここまで戦の被害が大きくなるとは一体誰が予測していたであろうか。

その後1568年。島津日新斎は長寿を全うする。77歳まで生きたので、当時としては長生きをした方であるだろう。だが忠将、尚久の息子二人に先立たれた悲しみは非常に深かったと言われている。

廻城攻防戦における、少し寂しく悲しい話である。