新宮党粛清の裏話

さて新宮党を粛清して尼子家内の権力を宗家一本化する事に成功した尼子晴久。この粛清の理由は、実際には分かっていません。原因は今の世に至るまで色々なものが憶測されています。

良くある一説では毛利元就がいずれ対決するだろうという尼子氏の弱体化を図り、偽書を用いて新宮党に謀叛の企みありとの風説を流し、晴久を疑心暗鬼に陥れたと言われています。この元就の策にはめられて晴久は新宮党を粛清してしまった・・・と見る説が多く言われてきましたが、これはあの特に目立った功績も無い真田幸村(そのような人物は歴史上存在しません)を有名武将化してしまった講談からの説なので、事実この時点では以下に元就といえどここまでは推測していなかっただろうと言われています。元々晴久が無能な人物であったから唱えられた説ですが、晴久無能説も毛利によるでっち上げのようなものですからね。

やはり権力の分散している事による弊害と、力を付け過ぎて傲慢な振る舞いの目立ってきた新宮党の存在により、粛清せざるを得なかったのでは、というのが今の通説でしょうか。ともあれこれにより尼子宗家の力は増していき、尼子家が最もその権力と力を盤石化していった時代が来るのですが・・・歴史は尼子家には微笑まなかったのです。