有馬家援軍要請での裏話

さて島津家は有馬家への援軍に島津家久を派遣しますが、この時島津家久を派遣するに至った経緯の逸話があります。

有馬家へ援軍を出す事を決定するも、どのようにするか決めかねている島津義久が相談に呼んだのは島津では鬼武蔵(まともな方)の呼び名が高い、新納忠元でした。送れる兵は寡兵、その場合の大将は島津義弘か島津家久。この二人のどちらがいいか問いかけた主に、忠元は即座に回答。

「義弘様は「耳臆病、目かいがいしい大将」。家久様は「耳かいがしく目臆病な大将」。今回送られるのは家久様にすべきです」

何だか意味不明な言葉ですが、忠元の言葉を受けた義久は総大将に家久を派遣しました。が、これが面白くないのが島津義弘、兄の自分の何が劣っているのかと忠元に直訴。しかしこれに忠元歯に衣きせず、

「逆恨みも大概にして下さい。私は私情を交えずお家の為を思って言ったまで」

この物言いに義弘も何も言えずに黙ったそうです。

おそらく忠元の言い方からすると耳を情報、目を実際の戦場、臆病を慎重、かいがいしいを積極ととり、

義弘は事前情報より戦場での直感を重視した天才肌の指揮官

家久は事前の情報重視し、戦場では慎重な采配を選ぶ指揮官

と言ったところでしょうか。さてこの鬼武蔵(まともな方)の采配やいかに?