本音と建前

毛利家と尼子家の争いは続きますが、永禄三年(1560)十二月、毛利家に、尼子家の当主・尼子晴久が重病であり、もはや十死一生の様態であるとの情報が入りました。既に死去したとの噂もあり、長年晴久に苦しめられた毛利家中では、この事を元就に話せばさぞ上機嫌になるだろうと重い、ある時元就のもとに皆が参集した折にその話を元就に伝えると、元就は突然気色を変えて家臣たちを怒鳴りました。

「晴久が既に死んだというのならもう是非に及ばぬことであるが、晴久も自身が存命のうちに、我々と一戦を遂げ勝負を決しようと考えていたことだろう。私も天文九年以来、晴久と数度の戦いをした時も、遂に旗本での決戦とまでは行かなかった。私はこれを、出雲へ討ち入った時に果たすべき念願としていたのに残念の至である。総じて敵方の弱みを喜ぶのは、弱将とその下の部将たちの風俗である!おのおのは晴久の重病を、我々の吉事のように申される。これは誠に、是非無き心である!」

この言葉に皆は戸惑い、その場は静まり返ったといいます。尼子晴久重病の報に対しての、毛利元就の反応です。まぁ本音と建前は逆にしておけよ、というお話なのでしょうかね。

そう言えば上杉謙信が武田信玄が死んだとき悲しんだともありますが、あっちは戦バカなのでどうだったのか微妙なところではあります。