毛利隆元の急死

さて尼子攻めの最中、毛利家の嫡男である毛利隆元がこの世を去ります。その時の状況について少し解説していきましょう。

永禄6年(1563)、毛利隆元公は大友との和平締結に成功すると、7月10日、本拠地吉田郡山に帰還。翌日、城内にあった嫡子・幸鶴丸公と正室福原殿を城下の宿舎に呼び寄せ、三献のあとお供の衆も召し出し、近年の戦局の次第、今回の大友との和睦のこと、公方方からの上意のこと、父・元就公が数年にわたり油断なくお心遣いされており、ご苦労されているのだということを、心静かに仰せられた。

しかしこの時、隆元は久しぶりの妻子との再開なのに、あまり打ち解けてない状況だったといいます。その後、翌12日には尼子攻めの出雲戦線に合流すべく吉田を立ち、佐部という場所で軍勢の集結を待ち、8月5日には出雲に向けて出立するということになりました。そこで悲劇が起きます。

その直前の3日夜、和智誠春に招待されそこで夕食を取り、本陣に帰られた。翌4日夜、にわかに体調が崩れ、そのまま隆元公は急死した。これに下々に至るまで嘆き悲しむこと、言語を絶する程であった。御遺体は吉田大通院に納められ、葬礼相調えられた。御法名は花渓常栄大居士とされた。

隆元はその親孝行である人物像を、人々に平重盛公以来の名君と讃えられました。その隆元が最期に吉田に帰った時も城に入らないままであったので、どうしてかと尋ねると隆元はこう返しました。

「今、父上は雲州において、昼夜ご苦労されているのだ。そんな所に例え一夜であっても自宅に立ち寄るというのはあまりに気ままのように思う。まあ、父上に対する敬意だよ。」

あまりに働きすぎ、親思いしすぎだった毛利隆元の一面がわかる逸話です。