河童と井上氏の顛末

ちょっと話が前後しますが、ここでとある逸話をご紹介しましょう。その登場人物は河童。おとぎ話に出てくる、あの河童です。

時は天文3年8月の夏の盛り、毛利元就とその一党が、安芸の吉田に本拠を構えていた頃のことです。 吉田川の釜淵と呼ばれる水底に、淵猿と呼ばれる恐るべき大河童が現れ、人々に恐れられていました。その大河童は 百人力の怪力をもって人馬を襲い食らうという、おとぎ話レベルではなく正真正銘の怪物です。

この怪物をを退治してくれようと名乗りを上げたのが、毛利家の武人・井上元重、通称・荒源三郎と呼ばれた人物です。 しかしこの退治方法が凄い。

源三郎は百人力の淵猿にいきなりガチンコの肉体勝負を挑んだのです。源三郎も七十人力と呼ばれる力自慢の人間でした。もはやそいつも化物では、なんて言ってはいけません。

化け物同士二人の戦は長く続きましたが、最後に勝負を制したのは源三郎の方でした。 淵猿の首を掴んで全力で振り回したところ、頭の皿に溜まっていた水が流れ落ちて、淵猿は百人力を失って負けたのです。こうして吉田川の淵猿は退治されました。

そこでこの話は終わります。何の教訓もなく、終わるのです。

河童は人に近い化物として多々出てきます。お礼をしたり、騙されたり、相撲を取って負けたり、どこか憎めない存在のように描かれていますが、この河童はただひたすらに恐ろしい化物として現れ、死闘の果てに退治されます。そしてそこで話は終わり、教訓もないただの河童退治の話です。

しかしその後七十人力の源三郎は、天文19年の元就による井上一族粛清のとき、一族郎党と共に殺されました。化物を真っ向勝負で打ち倒せた人物は、ここで粛清にあってその命を散らせました。

もしかしてこの話、生きている人間が一番怖いという寓話なのかも、しれませんね。