海賊衆の幕切れ・前

村上水軍の話が前回出てきたので、それにまつわる逸話と話をご紹介しましょう。といってもタイトル通り、物悲しい内容なのですが・・・・。

時代は天正14年4月、大内氏も既になく時代の権力は豊臣秀吉に集まりつつあった時代です。秀吉は九州攻めに先立ち、瀬戸内海における海の関所を全廃。翌天正15年6月には、有名な『海賊禁止令』を発令しました。

ところが当時ルイス・フロイスから「日本最大の海賊」と呼ばれた能島海賊衆の頭領、村上元吉は、そんな事はまるで気にせず、能島海賊はその後も堂々と通行料を徴収していました。その後、6月下旬には秀吉に屈服し大阪に向かう薩摩島津氏の船からも通行料を取るという事件を起こしてしまったのです。

これには秀吉も激怒、村上元吉の行為を「言語道断の曲事」と糾弾します。しかしこれに村上元吉の取った態度というのが

「我々が通行料を取っているだって?そんなバカな!証拠はどこにあるんですか?」

すっとぼけです。秀吉の糾弾を知らぬ存ぜぬの一点張りで通しました。さらに秀吉子飼いの大名である戸田勝隆や福島正則を味方にして、自らの行為を弁護させました。どうも村上元吉、ぐだぐだと言い訳を続けていれば、大陸出兵の構想などから水軍を必要としている秀吉はそのうち折れざるを得ないだろう、と考えていたようです・・・・。