立花の忠臣・薦野増時

今回は少し戻って、道雪が立花城を受け継ぐ際の話になります。立花道雪の数多くいる内の忠臣の一人、薦野増時の話です。

増時は道雪が立花城に入って立花道雪となった際に、その武功を認められて道雪の家臣となりました。この増時、冷静沈着にして勇猛果断、文武両道を地で行く好人物であったために新参でありながら家老の立場になりました。長らく道雪に仕える由布惟信、小野鎮雪と並ぶ人材になったのです。

道雪にはこの時今だ男子がおらず、この増時を養子にして家督を譲ろうとしました。しかしこれに反対したのは、他でもない増時自身でした。増時は今の立花家は道雪への忠節で一つに纏まっているが、安易に他の誰かに家督を譲っては道雪亡き後の立花家に混乱をもたらすと道雪を諌め、変わりの人物を見出してきました。

それが道雪と並ぶ大友の名将・吉岡鑑理の息子であり、道雪の盟友でもあった高橋紹運の更に息子、後の立花宗茂と呼ばれる事になる人物です。道雪もこの宗茂少年の有能さを見抜き、紹運に頼み込んで養子に貰って教育を施し、その補佐として薦野増時はその後も立花家へ忠義を尽くします。

この薦野増時、後に功労により立花勢を許され、関ヶ原後に色々あるのですがそれはまたの話にしましょう。今度はこの高橋紹運と、立花宗茂の話も少しづつしていきましょうね。