立花道雪の主君への誅言

さてフロイス日本史では立花道雪はキリシタンを好んでいないとありましたが、道雪自身は宗教についてどのように考えていたのでしょうか。これについても読み取れるのが、道雪が主君・大友宗麟へ送った誅言状です。

『今の豊後の有様は、殿が無道のみをなされた結果、天罰をうけ近年では戦に勝利出来ず、
評判は地に落ち窮地に陥っております。殿のなさりようは他国からも批判を受け、犬を打って遊んでいるような童までこれを嘲っているとのことです。筑前の秋月氏の領内では大友の「無道」を十ヶ条に書き上げ、領内のみならず隣国にまで触れ回っているそうです。そこには大友領内の老若男女がキリシタンとなって寺社を破壊し、仏神を川に流し、また薪にし、寺社の所領を没収して他の人間へ給与しているなどと書かれていると承っております。口幅ったい事のようですが、日本の武士は源平以来、仏神の加護を祈って正義に基づき戦ってきたとされています。同時に、神社仏寺を尊ぶことを専らにせよとも教えられてきました。日本は一般に神国といいます。ご存知でしょうがこの「神国」とは、すべての神仏を尊重する国、ということです。どうか、善悪についても、君臣の関係においても、そしてご信心においても、排他的な考えを持って道理と天道に背かれるような事をなさらないようにして下さい。それこそが大切な事のでございます』

道雪の主君への思いが感じられる文章ですが、特に太字のあたりをご覧ください。この辺りは現代にも通じる教えですね。日本は無宗教、とも言われますが、神国とは本来こう言う意味なのでしょう。

因みにこの当時、文面に書かれたような事は行なわれていました。他の領内でも、キリシタン大名の所では宣教師による指導の元で、領内で寺社の破壊、仏像、神像の破却、領民の強制改宗、従わないものの領外への追放処分、他宗派への破壊、冒涜、迫害行為が行なわれていました。ここまで来ると恐ろしいものがありますね。ここまでは現代ではないと思いますが、私達ももう一度宗教について考える事も大事なのかもしれません。

現代にも通じる、人が宗教を行う上での大事な心づもりが伝わる文章でもあります。