粛清の件、息子隆景へ。(長いversion)前

では今回から元就が家臣粛清に対して息子、隆景に送った文章を紹介していきます。まずは本文でご覧下さい。

 

又四へ もと就

又児蔵所へみつみつにて承る儀、其の申し聞かせ候ほどに承知候、

相かまへて々、いうやうの事候共、御かんにん候はては曲あるましく候々、

我々などは、井上之者共に、興元死去以来40年に及び、悉く皆彼の者共を主人に仕え候しかるをこらへ候、

その内の口惜しさなどは、いうばかりとおぼしめし候哉、

既40年の事候は間、長々敷かんにん、申すもおろかに候々、

唯今はや我々も年より候程、もし々かやうの無念を散らし候はで、いか躰にも罷り成し候しかばと存知候てこそ、此の時分存立たる事にて候へ、

およその事共に聊爾なる儀共仕べく事有るまじき候、

第一、其の家の主人内之者をうしない候事は、手足をきるにてこそ候へば、わるき事の最上にて候、よからぬ儀是に過ぎたる事にて候へ共、

此の家の事はかやうに仕候はては叶わぬことにて候程に、のがれぬ事にてこそ仕候へ、

およその事共にては候はず候、

そこもとの事は、御親類御被官中いつれも々ならいよく御入候にては

みな々馳走比類なき由承りおよび候の間、かんえう此の事にて候、

然る處少の事共気持ちたて共めされ候て、何かと仰せられ候はん事は、努々あるまじき候、

おかしけなる事共、仰しめされ候ては、ことの外めされさけたる事にてあるへく候、

唯今迄は御家中衆も其の方をばほめ申すやうにこそ聞きおよび候へ、

あしざまには聊かも申されぬように候の處、萬一おかしき事共仰しめされ候はば、

以て外に各曲無く見さけ申されるべく候の条、よくよく御心え候へく候々