粛清の件、息子隆景へ。(長いversion)後

いかがでしょうか。読んでみて皆さんはどう思いましたか?私は

長いよ!!

の一言でしたね。(苦笑

いや、いい事を言っているのはわかるのですが、何とも同じことの繰り返しというかそれが冗長というかなんなのか。貰った隆景も隆景で読んでいて何を思ったのか激しく気になりますね。良いことを言っているのはわかるので、要点だけまとめて箇条書きにしてくれよ、と言いたくなってきてしまいます。出した相手が父親であること、内容が自分の過去語りが入っていて(自分の教訓からと言ったらそれまでですが)くどくどしいということ、結局のところお前は我慢しなさいよという説教くさい事を考えると、隆景も面倒くさかったのではと邪推してしまいます。(苦笑

しかし話が長い、同じことの繰り返し、説教、ということを踏まえると、本当に息子を心配していて、注意したかったのではとも感じられます。もしかしたら謀神・毛利元就は心配性であったのかもしれませんね。大事なことだから二度言った、のでしょうか?(まぁ二度どころじゃない気もしますが)

因みに「良いことを言っているのはわかるので、要点だけまとめて箇条書きにしてくれよ」と書きましたが、この手紙実は本当に長いので前半部の重要な所だけ書き出したものです。

書き出してこれか、とは言わないで…