聡明だった徳寿丸

さて望まれて小早川家へ養子に行くことになった徳寿丸。ここからは元服した時の名前、よく知られている小早川隆景の名前で表記しましょうか。この小早川隆景は聡明な人物で有名ですが、その聡明さは幼い頃から人より抜きん出ていたようです。今回はその逸話をご紹介しましょう。

隆景は13歳で人質として大内氏に行き、そこで人質として三年を過ごして帰ってきたが、その際に父の毛利元就にこのように報告したといいます。

「大内氏は必ず滅亡するに違いありません。なぜならば大内義隆の贅沢は度を外れていて、政治も自ら行わず家臣の陶晴賢は諌言を尽くして、ついには義隆の意に反するようになりました。そこへ相良武任という者が義隆に阿諛追従して、晴賢を讒言しました。なので群臣は皆義隆を嫌い、武任を憎み、晴賢に心を寄せる者が多くなっています。主君が晴賢を疎んじ、家臣一同が晴賢に帰服しているような状況ですから、陶が兵をあげるのは時間の問題でしょう。」

元就はこれを聞いて息子の言葉に深く頷いたといいます。この後は隆景の言った通りのようになるのですが、朝鮮出兵のことといい隆景には先を見通す力でもあったのでしょうかと言いたくなりますね。

小早川隆景、幼い頃から聡明だったことがわかる逸話です。